稼働率を一時的に高めるのは意外と簡単。難しいのは長期的に安定させることで…

稼働率が高い部屋と低い部屋の違い

高稼働率をキープするホストに共通するのは、計画性を重視している点です。
稼働率を高めるだけなら宿泊料金を下さげるだけですぐに実現できるでしょう。
しかし、長期的にキープできるかは疑問です。
単価が下がると、その他に投入すべきコストも出し惜むようになり、ゆくゆくは管理が疎かになり…。
このように「運営に疲れる」ホストを何人も見てきました。
そもそも、運営後に稼働率を高めたい…と焦る状況は好ましくありません。
稼働率の変動を事前に予測し、下火傾向になったタイミングで次の繁忙期の準備をこなすといったスタイルが理想的です。
稼働率の想定に大幅なズレがあるようなら読みが甘いと言わざるを得ません。
稼働率が下がればその場凌ぎの策に目が行きがちですが、長期的な視野で改善策を計画することが肝心です。

稼働率向上の計画の要点

高稼働率をキープするホストは必ず計画を重視しています。
そもそも魅力的な部屋とは何か?
立地は?
よりよい宣伝方法は何か?
部屋をさらに魅力的に見せる手法は何か?
リピーター率を高める方法は?
これらのテーマを開業前にじっくりと考察しています。
行き詰まった状況なら運営(+生活)が大変で気が回らないかもしれませんが、一度冷静になって考えなければ問題は後手後手に回るだけです。
今後に予想される法律・条例の見直しも含め、できれば2年単位で計画を立てることをオススメします。
そして、運営開始後も考察を続けて、現状と照らしあわせならがこまめに軌道修正を加えることが肝心です。

稼働率が下がると焦っていまい、長期的な視野を失いがちになります。
当初描いていたオーナー生活をもう一度思い出してみて、着実に前進するための改善策をじっくりと考えてみましょう。